Tobikocamp

アラサー女キャンパーTobikoのキャンプブログ

【レビュー】吹上高原キャンプ場をおすすめ!前編【宮城県大崎市】

美しい山々の絶景と広々とした敷地が特徴

 

こんにちは、Tobikoです。

本日は、宮城県大崎市にあるキャンプ場「吹上キャンプ場」についてお伝えいたします。結論から言うと、景色は最高だし、他県から足を運んでいただき、宮城県の魅力を知るには非常に良いキャンプ場です。

本記事は前編です。前編では、キャンプ場の特徴やおすすめポイント、魅力についてご説明してまいります。

後編では、キャンプ場を拠点として宮城県北部を知り尽くすための、おすすめの観光スポットや、観光資源についてご紹介致します。

概要

キャンプ場の基本情報

onikoube.com

住所:宮城県大崎市鳴子温泉鬼首本宮原23-38

チェックイン:9時 チェックアウト:13時※宿泊時

車での所要時間:最寄りのインターチェンジである古川ICから北西方向に約50分

料金:オートフリーサイト 大人2人 一泊2,000円

吹上高原キャンプ場の特徴

どこを見渡しても雄大な自然美!広大な敷地!

本当に広大な敷地で、山々に囲まれているため、大自然の恵みを感じながら過ごすことができます。

f:id:tobikoblog:20190805091102j:plain
f:id:tobikoblog:20190805091049j:plain
f:id:tobikoblog:20190805091034j:plain

どの方角を向いても美しい山肌を拝むことができます。

非常に広いので、何回行っても飽きないと思います。

基本的には芝サイトで、どちらかというと上記のような高原サイトですが、木々が生い茂って日光が刺さりにくいような場所があったり、変化に富んだキャンプの仕方が可能です。

その広さは、未調査ですが、数百張りのテントは収容できるのではないでしょうか。

全サイトがオートフリーサイトです。車も乗り入れできるため、自由に敷地内を車で走らせ、サイト内に置くことができます。

林間サイトのような場所もあれば、山を正面にして雄大な景色を満喫しながら時間を過ごすことも可能です。

木が多い場所もあるので、ハンモックキャンプも可能です。オートフリーサイトですから、ハンモックデビューに最適ですよ!

ぜひお気に入りの場所を探してみてください!

オートフリーサイト予約不要・ペット可・キャンピングカー乗り入れ可

敷地が広いためか、オートフリーサイトは予約不要です。したがって、先着優先でサイトへ入場します。

吹上高原キャンプ場は9時~チェックインですが、多少早く到着するくらいであればチェックインはできますので、自分のお気に入りの場所がある方、繁忙期(長期連休)に宿泊をしたい方は、9時めがけてチェックインすることをおすすめ致します。

また、キャンピングカーの乗り入れもOKですし、一部区画の制限はありますが、ペットとの宿泊が可能です。

電源付きサイトもありますが、こちらはサイト数に限りがあるため、事前予約必須とのことです。

施設が充実

一番おすすめしたいポイントは、温浴施設「すぱ鬼首の湯」がキャンプ場内に併設されている点です。キャンプ宿泊者は宿泊者価格で入浴できます。

さらに、朝から入浴することが可能なので、例えば、「初日夜入浴して、翌日撤収後、また入浴する」ということも可能です。

その日中であれば、何回入浴しても定額で利用できるサービスもあり、まさに至れり尽くせりです。

露天風呂もあるのですが、露天風呂からはキャンプ場からの美しい風景を満喫することが可能です。私は日没と同時に入浴し、夕日を浴びながら入浴しましたが、なんとも言い難い素晴らしい景色でしたよ。

また、売店も整備されています。売店は小さなコンビニのようなイメージで、薪や炭などはもちろん、お菓子やお酒なども販売されていました。

しかし、キャンプをするうえで必要最低限のものしか販売しておりません。食材が足りない、という場合、近隣にスーパーはありませんので、気を付けないといけません。

また、こちらの売店では、この吹上高原で作られた地ビール「鳴子の風」を購入することができます!

酒好きの私が飲まないわけないのですが、飲んだ感想としては、ホップの苦みが最初から最後まで残る感じ。

全体的にすっきりしていて、のどごし!とか爽快感!とかはないけど、この雄大な自然の中で育まれた地ビールは飲む価値アリです!露天風呂からあがった後、焚き火しながら自然の中でぐぐっと・・ヨダレが。。。お試し下さい。

 

f:id:tobikoblog:20190805200316j:plain

出典:https://www.onikoube.com/fukiage/alcohol

炊事場に関しては、きれいに整備されています。敷地内に複数個所あるので、炊事場から遠すぎるということもありません。

トイレに関しては、作りは綺麗でしたが、清掃は細かいところまで行き届いていないイメージでした。繁忙期に訪問したからかもしれません。匂いが気になった記憶が残っています。
ゴミ捨てに関しては、ゴミ袋を無料でもらえる上、帰りにスタッフさんに分別したゴミ袋を手渡すだけでOKでした。その場でゴミを出して帰ることができることは、大変ありがたいです。

ここは事前にチェック

予約不要で思い立ったらすぐ行けるキャンプサイトなので、通常の土日含む連休はメチャメチャ混みます

いくら広いとはいえ、テントを張る場所は先着順ですので、おそらくチェックインが遅くなってしまうと、よりよい場所を探すのに苦慮します。

埋まってしまうということさえないですが、自分のお気に入りの場所にテントを張るために、また、チェックイン時間が一般的なキャンプ場より早いという特徴を活かすために、午前中の早めの段階でのチェックをおすすめします。

また、これは仕方ないのですが、ファミリーキャンパーが多いため、夜まで騒ぐ子どもたちがたまに存在します。

Tobikoは夜泣きする子供とそれをしかりつける母親の怒鳴り声で眠れず一晩を明かした経験があります・・

吹上高原キャンプ場に限ったことではないのですが、ここはファミリーユースの割合が多かった印象だったので、ソロキャンパーや私たちのようなデュオキャンパーは、やっぱり設営時はプライバシー感をもたらすことのできる場所を選ぶことを優先した方がいいと思います。

また、夏はタープ必須です。

私はGWの時期に、アメニティドームの前室を跳ね上げてタープ代わりに使っていました。

f:id:tobikoblog:20190805210130j:plain

 

夏はこれでは日光が刺さりまくり暑いってか危険です。

林間サイトのような場所は少ないので、基本、日陰はあまりないです。

タープを必ず持参しましょう。

また、風が強いときは要注意です。

私も過去記事に色々記しましたが、まあ風が強いときのキャンプは本当にしんどい。吹上高原キャンプ場は、御覧のとおり風を遮ることができる場所は少ないのです。

お隣のファミリーキャンパーは、タープを設営している時、風でタープがぶわっと煽られ、倒壊。子供にポールがぶつかり、子供がギャン泣きしてました。本当にかわいそう。キャンプ嫌いにならなきゃいいな・・。

tキャンパーobikoblog.hatenablog.com

tobikoblog.hatenablog.com

まとめ

吹上高原キャンプ場は、宮城県の中でも人気のキャンプ場です。その理由は、予約なしで絶景を拝むことができるし、温泉も入れるし、地ビールも飲めるから。

周辺の観光スポットも盛りだくさん!!キャンプと合わせて行くべき周辺の観光情報は、後日UPします。

ぜひ宮城県で極上のキャンプ体験を、一人でも多くのキャンパーに体験してもらいたいです。よろしくお願いします!